富山で外壁塗装・屋根塗装なら塗装職人直営店の小川塗装にお任せください。他社と同じ工事なら価格と仕上がりが違います。

有限会社小川塗装
小川塗装の施工対応エリア お問い合わせ

意匠性サイディングボードにはクリヤー塗装がおススメ

2018/04/05 UP
201804060919_phpkaK4XZ
質感を取り戻しピカピカの外壁材 クリアな仕上りが新築時を思い出します 10年少し前から住宅の外壁材に意匠性サイディングボードが販売普及してきました。2002年の品確法の後からは12mmの厚みから15mmが一般的になり本格的に外壁の高耐久化が進みました。成形も技術が上がり、ブラックやタイル調などの柄もリアリティが上がり、表面の塗料は単色から3色にレベルアップしました。この外壁材のことを意匠性サイディングボードと言い、塗替えの際に一色で塗りつぶしてしまうとリアリティがなくなり単色にグレードダウンします。 よって、意匠性サイディングの場合はクリヤー塗装が必要となります。 透明の塗料を塗ることで色のみずみずしさを復元し光沢が出て綺麗にピカピカに仕上がります。しかし、クリヤー塗装には難点もあり、白亜化が進んでしまった場合には使用不可となります。目安でいうと築後12〜15年までとなりますので、あまりに表面の劣化が進み既設の塗膜が痛んでいる場合は単色塗装による塗りつぶしとなります。富山や北陸においては寒冷地の凍害の影響も出ますので診断が必要となります。 代表的な...→ 続きを読む

塩ビシート防水の耐久性

2018/03/17 UP
201803172115_phpMLmpUG
劣化が進んだ屋上のシート防水 塩ビシート防水はここ最近アスファルト防水に変わり普及して来ました。 一昔前はアスルァルト防水トーチ工法など多岐にわたり使用されていましたが施工の手軽さや端末の処理の確実さなどにより全国的に普及して来ました。 それでは塩ビシートはどれくらいの期間、大切な住まいを雨漏りから守ってくれるのでしょう。 屋上は紫外線による劣化や熱、風雨や雪などさまざまな外部要因にさらされます。 ましてや気候の厳しい北陸の中の富山県においてはなおさらです。 夏は熱で膨張し、冬は縮み、いくら耐久性の高い塩ビシート防水とはいえ傷みは激しくなります。 一部でも亀裂や裂けが出ると全体に水が回ります。もちろん雨漏りに直結します。 おおよそ15年で寿命を迎えます。 写真は機械的固定方法。円盤やディスクのつなぎ目が避けて来ています。また、立ち上がりのシートが膨らんでいます。 そして一部ベランダや面積の小さな屋上面を除いては塩ビシートの上に塗装をしても全くメリットはありません。耐久性も上がることはありません。 トップコートを塗り長持ちさせるよりも15年経...→ 続きを読む

箱型住宅は笠木の形状で外壁の寿命が変わる

2017/05/31 UP
image1-1
最近のデザイン住宅はボックス形状の建物が増えています。デザイン的にはスタイリッシュでかっこいいのですが耐久性は問題があります。 昔から日本の住宅は雨や雪から家を守るために屋根がそり出した軒の出がある形状が一般的でした。それにより、屋根が雨傘となり家を守る。外壁も風雨の時以外はほとんど濡れることがなかったので傷みにくかったのです。 ボックス型の形状でも外壁材の耐久性の向上に伴い増えてきましたが、重要なのは笠木です。 笠木の出幅も15mm〜20mmを確保できていれば壁に雨水が伝うことも減るのですが、写真のようにただ被っているだけの出幅がない状態では問題があります。雨が降るたびに雨水が壁をつたい、結果として短期間で外壁材の劣化が進みます。 特に富山など寒冷地においては凍害による爆裂の被害が顕著に出るために致命的な劣化に繋がります。 こうなってしまっては再塗装は難しくなります。塗装しても基材が傷んでいるために2〜3年で剥離してくることでしょう。 外壁のリフォームの際には必ず笠木が有効に働いているかの検証も行いましょう。 仮に隙間があったり、釘が抜けている場合は修理が必要で...→ 続きを読む

塗装面表面の塗膜割れ

2017/03/21 UP
image1-3
久々に見る気持ちの良いくらいの塗膜割れである。最近ではほとんど施工のニーズがなくなった吹付タイル仕上げ。20年から25年くらい前までは割とメジャーな外壁の仕上げ材であった。 モルタル壁やコンクリート壁の仕上げに使われるパターン仕上げ(模様付け)である。 シーラーを吹いた後に主材で模様を吹き付ける。その際にタイルガンを使用するが熟練した技術が必要となる。主剤を吹いた後にトップコートを最後に吹き付けをして仕上がりとなる。 主剤にも弾性性能の高いものもあり弾性タイルと呼ばれ当時のかなりの高級仕様である。もちろん弾性性能があるためにクラックなどを防ぐ効果がある。15年~20年経過しても弾性性能が残っている現場も見かけるので流石である。また、トップコートにも様々な材料があり当時であればアクリル系統の溶剤の塗料が主流だろう。吹き付けタイル自体は壁面の仕上がりとして残っていても、表面の素材保護のためのトップコートが劣化してしまうと防水性能も落ち、吹き付けタイル層の傷みが始まってしまう。 言うなればトップコートが長持ちしていれば吹き付けタイルも長持ちする。定期的にトップコートを塗り替え...→ 続きを読む

トタンや金属鋼板の下塗りに注意

2017/03/05 UP
58bb92edb61ae
今週は天候も良く現場廻りが順調に進みました。春が待ち遠しいですね。さて、今回塗装させていただいたお宅は、富山市内の築年数も30年以上の板金の外壁。半分が金属サイディングで半分が塩ビ鋼板のリブ波トタン。現場が海岸沿いのためサビの防止のために当時の職人さんが塩ビ鋼板の板金をセレクトされたのであろう。確かにそのおかげか、表面の劣化は進んでいるがサビの進行は抑えられている。うっかり気がつかずに段取りして塗装してみると塩ビ鋼板であったでは取り返しのつかないことになる。塩化ビニールに含まれている可塑剤が溶け出して塗装した塗膜がベトベトになるのである。また、密着も悪いために通常のさび止材などであれば剥離の原因となることもある。せっかく足場を組んで塗装をしても数年で剥離してきては目も当てられない。 そんなどうしようもない塩ビ鋼板ではあったが、日本ペイントさんから素晴らしい材料が発売された。 ニッぺ塩ビゾルウレタンプライマーなる下塗り材だ。実際に塗ってみると隠蔽性もよく塗膜がカンカンになるようなイメージ。しっかりと塩ビ鋼板をホールドしている。そして、上塗り材もその上からかなり塗り...→ 続きを読む

金属サイディング工事の際の付帯塗装について

2017/02/24 UP
58afdfd3579fb
最近外壁のリフォームにおいて塗装ではなく金属サイディングによるカバー工法を行うことが増えて来ましたが、より長期間にわたりメンテナンスのいらない高耐久な金属サイディングはこれからももっと普及するだろうと考えます。特に富山などの寒冷地では、窯業系サイディングボードの凍害による爆裂などがひどく再塗装できないケースが増えています。 注意しなければいけないのは、高耐久な金属サイディングを施工することはいいのですが、金属サイディングが貼れない付帯部の塗装にこだわる人が少ないということです。仮に金属サイディング大手のメーカーさんであるアイジー工業さんやケイミューさんなどのフッ素の焼き付け塗装仕上げの金属サイディングなどでは30年ほどの耐候年数が見込まれます。それにもかかわらず、破風板や、霧除け庇、また、玄関ポーチなどの付帯部がウレタンや汎用シリコン塗料程度のランク低い塗装仕上げであればどうでしょう。 外壁は長期間美観を維持できたとしても付帯部は10年も維持できません。最悪のケースの場合はわざわざ付帯部の改修や再塗装のために付帯部だけのためにまた足場を組んで施工しなければいけない可能性...→ 続きを読む

塗装の際の洗浄作業は重要なの?

2017/02/24 UP
58afdfd1a449c
外壁塗装の際に高圧洗浄機による水洗いを行うことは常識となって来ていますが、なぜ必要なのかを説明いたします。 外壁の再塗装時には、10数年間にわたり様々な汚れが付着しています。砂埃、排気ガス、工場の煙突などからの飛散物、鳥のフンや昆虫類の死骸などが、上げられます。しかし実は一番外壁の汚れで多いものはカビやコケなどの微生物によるものが大半を占めています。また、カビやコケなどの微生物からの排泄物による二次汚染も影響して来ます。 砂埃は簡単に水洗いで除去できますが、カビやコケが繁殖している汚れは念入りに洗い落とす必要があります。 塗装工事の現場では、洗浄作業は新人など若手が行うケースをよく見ますが、嫌々水を振りかけているだけでは全く意味がありません。洗浄こそ塗装の寿命を決める第一の重要課題ですので、洗浄に関しても熟練したプロが念入りに時間をかけて行う必要があります。 また、汚れ以外にも旧塗膜が紫外線劣化によりチョーキング現象を起こしていることがあります。チョーキングの劣化度合いによりますがチョーキングが発生すると塗料の下塗り材の付着性能が著しく低下します。シーラーやプライマーな...→ 続きを読む

意匠性サイディングボードの新しい塗装法

2017/02/22 UP
58acfaa224d72
15年ほど前から意匠性サイディングボードが出回るようになって来ました。 どんなものかというと2色から3色の色を使って塗装されているのでより重厚感や本物感が出る塗装仕上げがされているモノのことを言います。それ以前のサイディングボードの場合は単色のものが大半でしたので塗り替え時においても単色で塗装をしても問題はありませんでした。 しかし、3色使ってあるスリートーン仕上げになっているサイディングを単色で塗りつぶしてしまうと塗装すると綺麗には仕上がりますが施工前よりも質感や重厚感というものがなくなり残念な結果になってしまいます。そんなこともあり、クリア塗装を、行い旧塗膜の色合いを復元するやり方が一般的に行われています。しかし、クリア塗装の場合は旧塗膜のチョーキングが進んでしまった場合は施工ができないこともあり、築年数でいうと15年近く経過している場合は塗装できないケースも増えて来ています。 そんな事案の際に強い味方が現れました。 多彩仕上げと呼ばれる塗装法です。画像にある通り塗装面に上からその他の色を重ねていくことにより意匠性を持たせられるこのやり方はクリア塗装ができな...→ 続きを読む

なぜベランダの外壁の内壁は痛みがひどいのか?

2017/02/12 UP
IMG_0470
  写真は一般的な住宅の2階のベランダの壁面。特に富山県など北陸の寒冷地ではほとんどの住宅でベランダ部の痛みは少なからず必ず確認できるのではないでしょうか。 また、こちらの家に関わらず屋根がついておらずむき出しのベランダはかなり痛みが進行しやすいのが特徴です。痛みが進行しやすい原因は下記の3つが代表的です。 ①笠木の施工のやり方 ②ベランダ壁内の通気 ③外壁材自体の防水性 まずは①の笠木について。笠木の接続部分のシール処理がされておらず、いわゆる雨漏りをしているケースがあげられます。雨水が家の中に入ってくればすぐに発見できますが、壁内雨漏り程度であれば状況がかなり進まなければ気が付かないケースがほとんど。少しずつではありますが長年に渡り雨水の侵入により内部は腐食や劣化が進みます。 外壁の窯業系サイディングなどにおいても、外面は塗装がかかっていますので防水は効いていても、内面への薄いの侵入を許してしますとサイディングボードの裏面は無塗装ですから水を吸い込みます。無防備な状態に攻め込まれている状態ですね。壁内雨漏りによる裏面からの...→ 続きを読む

富山のスレート屋根の傷みの判断方法は?

2017/02/11 UP
IMG_6451
スレート屋根が日本で普及して40年以上経過します。富山でも20年~25年が経過します。寒冷地においては凍害によりスレート屋根の傷みの進行は寒冷地以外の地域の2倍以上早いのです。 経験上スレート屋根は築後10年以内に塗装すること。残念ながら12年~14年ほど経過するとスレート素材の表面から凍害の影響で基材自体の劣化が進みます。爪でほじってボロボロととれるくらいに傷みが進むと、塗装をしても早ければ1年~3年で剥離してくる箇所が出てきます。発見するのに多いケースとして屋根から落ちてくる落雪が滑り落ちる際に塗膜が一緒にはがれ、雪に色がついているケースが多いのです。 また、全面を点検し、スレート材の割れやズレ、抜け落ちが発生しているケースもあります。割れや抜け落ちの場合は直接的に雨漏りに繋がるケースもありますので注意が必要です。その他に雨押えという棟の頂上に設置してある板金材の釘が抜け落ち外れかけているケースもあります。強風でダメージを受けることが多いです。 見た目においては表面の塗膜がはがれて白っぽくなっている場合は劣化が進んでいる状態になります。塗膜が剥がれ落ちて全...→ 続きを読む